一般社団法人DCマイスター協会 会員規程

(目的)

第1条 本規程は、一般社団法人DCマイスター協会(以下、「協会」という。)が主催するDCマイスター検定(以下「検定」という。)に合格し、DCマイスターとして登録した会員について必要な事項を定める。

(会員の定義)

第2条 一般社団法人DCマイスター協会の会員(以下「会員」という。)とは、「検定」に合格し、かつ、DCマイスターとして登録を完了したもの及び「協会」がその活動を評価し独自に理事会で認定した者をいう。

(会員の権利)

第3条 「会員」は、「協会」より次のサービス等を受けることができる。

(1)「協会」が運営管理機関等と業務提携したDCプランの取り扱い。

(2)(1)の過程で必要となる業務について、「協会」が設立する株式会社DCサポートセンターの各地域サポートセンターの指導及び業務サポート。

(3)会員専用ホームページ及び各種情報サービスの利用。

(4)「協会」が各種団体と業務提携をした商材の取り扱い。

(5)その他関連資料等の提供。

(会員の登録)

第4条 入会手数料並びに年会費を納入し検定試験に合格した者は、会員登録をすることができる。但し、次のいずれかに該当する者は、この限りではない。

(1)禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わり、または失効を受けることがなくなった日から2年を経過しない者

(2)破産者で復権を得ない者

(3)成年被後見人、被保佐人または被補助人に該当する者

(4)任意後見人と任意後見契約を締結した者で、当該任意後見人に任意後見監督人が選任されている者

(会員の義務)

第5条

(1)会員は、本規程のほか、法令及び理事会の定めるその他 の規程・規則等を遵守しなければならない。

(2)会員は、協会へ登録している住所等の内容に変更が生じた場合は、すみやかに協会へ届けなければならない。

(3)会員は、協会指定の金融機関の口座を開設し、業務手数料の振込先とするともに、所定の手数料を負担する。(業務手数料が発生する場合には1件当り200円(税別)の手数料を控除するものとする。)

(4)会員は成約した対象事業所の各案件における連絡を支部または本部へすみやかに行うものとする。

(入会手数料と会費)

第6条 入会手数料は3,000円(税別)、年会費は12,000円(税別)とする。ただし、初年度の入会手数料と年会費は受講料一式に含まれるものとし、合格した月の翌月を初月として、毎年更新料として、年会費相当分がかかるものとする。更新料は、年単位での支払いとし、契約期間の途中で退会した場合であっても原則、年会費相当分満額がかかるものとする。

(業務手数料からの会費の徴収の同意)

第7条 「協会」および「株式会社DCサポートセンター」が「会員」に支払う業務手数料がある場合には、当該手数料から会費を差引きした残高を振り込むこととする。

(支部所属の同意)

第8条 会員は必ず支部に所属しなければならない。所属支部登録届出書の提出をもって支部所属への同意とする。届出がない場合は本部所属とする。所属支部は会員の教育、フォローを行い導入手続の際には必ず支部を通して必要書類等を協会乃至株式会社DCサポートセンターへ提出をする。

第8条の2 対象事業所の導入にあたり、所属支部を介さず、直接「協会」乃至「DCサポートセンター」にサポートを求め、同行等による指導、説明(インターネットを繋げてのオンライン指導を含む)のサービスを受けた場合、業務手数料率から20%控除されるものとする。

(DCマイスター資格の停止)

第9条 会員は次の各号の一つに該当したときは、催告その他の手続を要せず、書面で通知することにより直ちにマイスター資格を停止することができる。

(1)支払停止もしくは支払い不能の状態に陥ったとき、又は手形交換所から不渡り処分を受けたとき。

(2)第三者より差押え、仮差押え、仮処分、その他強制執行もしくは競売の申立、又は公租公課の滞納処分を受けたとき。

(3)破産、特別清算、民事再生、会社更生等の申立を行い又はそれらの申立を受けたとき。

(4)営業停止、解散の決議、又は他の会社との合併の事実があったとき。

(5)各条項に違反し又は業務を履行しない場合、あるいは協会の了承を得ず競合行為を行ったことが発覚した場合、相当の期間において催告したにも拘わらず、かかる違反又は業務の不履行を是正しないとき。

(6)資格停止とされた会員の業務は原則として協会本部が引継ぐものとする。

(本規程の改廃について)

第10条 協会は、本規程の一部または全部を必要に応じて予告なく変更または廃止することができる。